起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

ビジネスパートナーが必要な理由は

ビジネスパートナーが必要な理由は

ビジネスパートナーが必要な理由は

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業家の多くの人は、起業する前は、会社員として働いていて、自分が担当する仕事以外の会社の仕事は、知らない間に誰かが担当してくれていたことでしょう。

起業したら、当然、社長としてあらゆることを判断して、実行していく必要があります。

しかし、自分一人の力では限界があるのも事実です。

自分が得意なことはほとんど自分がこなし、不得意な分野は他の誰かにやってもらうことを考えなければなりません。

その自分が不得意の分野をビジネスパ-トナーとして協力してくれるような人を見つけなければなりません。

ビジネスパートナーのかかわり方としては次のようのモノがあります。

(1)合同会社の場合のパートナー

合同会社の場合は、出資者は全て社員で、代表権や決議権、利益の配分などを定款によってその範囲の制限を設けることができますが、パートナー(出資者=社員)との信頼関係や個人の能力などが会社の運営に大きな影響を及ぼすことになるため、パートナー選びは慎重に行なう必要があります。

合同会社では、異なる分野や異なる強みを持っている人と組んで、お互いの強みを生かし、弱みを補い合うということで、より良い組織をつくることに最も適しています。

ですから、できるだけ異なる強みや専門分野を持っている人と役割分担を明確にして組むと良いでしょう。

(2)株式会社などの他の法人の場合のパートナー

1)役員…

役員として経営に参加してもらう方法です。役員としての経営に対する直接の責任が生じます。

労働者でないため、労働基準法などの適用はなく、最低賃金や労働時間、休日などについて縛りがありません。

役員報酬は税務上、期ごとに一度決めたら原則として変更はできず、業績給なども適用できません。

2)社員…

社員として働いてもらう方法です。

労働基準法などの適用を受けるため、時間外や深夜、休日労働、最低賃金など、労働者として守られることになります。

もちろん厚生年金や労働保険にも加入する必要があります。業績給、賞与なども導入可能です。

3)株主(株式会社の場合)…

株主として資金面での協力をしてもらう方法です。

出資比率をどのくらいに設定するか、慎重に検討する必要があります。

(3) 外注先の協力

社外の外注先として協力してもらう方法です。

あくまでも社外の人という位置づけで、請求書を発行してもらい、外注費を支払うことになります。

(4)顧問やコンサルタントの協力

外部のアドバイザーなどとして協力してもらう方法です。

第三者的な目めで経営に対するアドバイスをしてもらうことが期待できます。

« »

コメントを残す