起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

一人では限界があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人では限界があります

ビジネスパートナーが必要な理由は

ビジネスパートナーが必要な理由は

起業家の多くの人は、起業する前は、会社員として働いていて、自分が担当する仕事以外の会社の仕事は、知らない間に誰かが担当してくれていたことでしょう。

起業したら、当然、社長としてあらゆることを判断して、実行していく必要があります。

しかし、自分一人の力では限界があるのも事実です。

自分が得意なことはほとんど自分がこなし、不得意な分野は他の誰かにやってもらうことを考えなければなりません。

その自分が不得意の分野をビジネスパ-トナーとして協力してくれるような人を見つけなければなりません。

ビジネスパートナーのかかわり方としては次のようのモノがあります。 (さらに…)

従業員を募集しましょう

従業員を募集しましょう

(1) 待遇の検討

従業員の採用を決めたなら、職種や給与体系、休日、勤務時間などの採用条件を決める必要があります。

基本給の他にどんな手当をつけるのか、賞与があるのかないのかあるならいつ支給するのか、退職金があるのかないのかなどです。

良い人材を採用したいと思い高めの給料額にしてしまった場合、後で、人件費の負担に苦しんでしまう可能性があります。

そのために事業計画書を基に、適切な給与水準を慎重に決めましょう。

給与体系は、基本給を抑え気味に、能力や勤務態度、会社の業績を考慮に入れ、賞与や業績給などで働きが報われるような体系にすることが良いでしょう。

また、忘れてはならないのが給与の他にも健康保険や厚生年金保険料などの社会保険料や雇用保険料、労災保険料、通勤交通費、福利厚生費に加えてデスクやイス、パソコンなどの備品代などが掛かることも考慮しなければなりません。

その額は、ほぼ給与額の2~3割程度の上乗せで考えてください。

この点を考慮せずに給与額を決めることのないように注意してください。

そして、従業員を採用した時には、労働条件通知書(また雇用契約書)を発行します。

これを社会保険労務士などの専門家に相談しないで進めるのはよくありません。

法的に問題がある内容で発行してしまう恐れがあります。

特に、最低賃金や労働時間、休日、残業・深夜手当などにつては、問題となりやすい点です。

また、見なし残業代や年俸制などを導入しようとしている場合も注意が必要です。

その他、源泉徴収などの所得税のこともあり、とにかく社会保険労務士などの専門家と相談し確認をしながら進めることが重要です。 (さらに…)