起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

出資してもらう方法について

出資してもらう方法について

出資してもらう方法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

資金調達の方法として、借入れ以外に出資してもらうという方法もあります。

また、創業融資を受ける場合の自己資金の不足分を増やすために出資してもらうことも考えられます。

(1) 融資を受ける先としては次のようなものがあります

1)家族・親戚、友人・知人からの出資の場合…

起業時の資金調達方法で多いのがこの方法です。

特に、中でも両親や兄弟などの家族・親戚からの出資を受ける場合が多いのです。

融資と違い、資金計画上資金が調達できないというリスクが少なく、確実なことが魅力的なのです。

ただし、万が一、事業に失敗した時は、迷惑をかけてしまうことにもなります。

2)エンジェル投資家からの出資の場合…

エンジェルとは、個人投資家の中で創業当初の会社に対して、投資を行なう人のことです。

家族・親類・友人とベンチャーキャピタルの間に存在する資金供給の隙間を埋める役割を果たしています。

家族や友人から1,000万円以上の資金を調達することは一般的には難しい。

その一方で、伝統的なベンチャーキャピタルは1〜2億円以下の投資を検討することはありません。

そのため、エンジェル投資家は急成長するスタートアップ企業に対する第二段階の資金供給者となっています。

しかし、経営が不安定な創業当初の会社に直接高額の出資をしてもらうことになるので、エンジェル投資家から出資を受けることは非常にハードルが高いといえます。

投資家は、ビジネスの将来性や、独創性だけでなく、人間的に信頼関係が基盤になっていないと実現は難しいといえます。

一方、エンジェル投資家の多くは引退した起業家や経営者であり、純粋な経済的追求を超えた理由で投資を始めることが多く、の理由としては、特定のビジネス領域における発展に乗り遅れないようにする、新しい世代の起業家達に対する希望や願望に、自らの経験や人的ネットワークを有効活用したい、などが挙げられます。

従って、純粋な資金供給に留まらず、経営面での貴重な助言や有力者の紹介などで起業を助けることもあります。

しかし、そもそもどのようにエンジェル投資家になってくれる人と知り合えるのかが良くわからないという問題があります。

3)ベンチャーキャピタルからの出資の場合…

ベンチャーキャピタルとは、高い成長力があると見込まれる未上場会社に対して、資金を投資する投資会社で、よほどの革新的な新技術やノウハウがないと出資してもらうことは難しいうえに、1億円以下の投資はしません。

また、ベンチャーキャピタルが投資する目的は、最終的には、投資した会社が株式を上場した場合にその出資額に相当する株を売却して利益を得ることなのです。

ですから、創業時の規模や事業内容のハードルが高く一般的な起業家には向いていません。

(2)出資者への交渉

出資者を説得するにはかなり詳細で具体的な事業計画書が必要です。

特にエンジェル投資家やベンチャーキャピタルに対しての出資を依頼する場合には、金融機関に提出するような事業計画書か、それ以上の高レベルなものが求められます。

(3)出資を受ける際の注意点は

出資を受ける場合には、次のような、いくつかの注意点があります。

1) 議決権の割合…

議決権は、わかりやすくいうと会社の決定権のことです。

親族などを除き、第三者に出資してもらうことを検討する際には、各人の議決権の割合について注意を払うことが必要です。

会社の運営に関して各種のことを決定するために必要な決議権の決議配分は会社法で定められています。

合同会社の場合は、原則は過半数ですが、定款で明記することで、議決権の配分は自由にできますが、株式会社などでは、原則過半数で、特別な事項については2/3以上の賛成が必要なのです。

会社の完全な支配権を握っておくには、決議権の2/3以上を保有しておくことが必要です。

もちろん、自分一人で、その割合を保つ必要がないのですが、決議権を確保している人たちを、自分に賛同してくれるようにしておけばよいのです。

このように決議権の割合を慎重に調整しておくことが必要なのです。

2) 利益のへの考慮…

会社の収入から支出を差し引いて残ったお金が利益として残ります。

この利益が出た場合、利益は、一部を会社分として保留資金として、そして、一部を出資者に利益の配分を行ないます。

合同会社では出資比率に関係なく定款で定めた配分をします。

株式会社では、配当という形で、出資率に応じて配分します。

« »

コメントを残す