起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

客層ターゲットの悩みやニーズを調査します

客層ターゲットの悩みやニーズを調査します

客層ターゲットの悩みやニーズを調査します

このエントリーをはてなブックマークに追加

客層やターゲット、商品・サービス、価格帯などの内容の想定ができたら、対象の客層ターゲットに直接ヒアリングしましょう。

ヒアリングしてみたい人たちの具体例を示しますと、

例1):30~40代の男性向けの起業サポートサービスの場合…年齢=30~40代、性別=男性、職業=会社員、居住地=関東近郊、ニーズ=1~2年以内に起業を目指したいと思っている内容。

例2):20~30代の女性をターゲットとしたネイルサロンの場合…年齢=20~30代、性別=女性、職業=OL・主婦など、居住地=店舗予定地から1時間以内、ニーズ=良いネイルサロンに通いたいと思っていますか?

などの例です。知り合いなどで客層のターゲットに近い属性の人を数人見つけて、聞いてみましょう。

ただし、あまりにも親しい人や友人などに聞くのは避けましょう。

それは、お世辞を言われたりして参考にならないし、判断を誤る可能性があるからです。

また、無料の相談窓口などや専門家の意見も聞いてみるのも有効です。

【ヒアリングのチェックポイント

  • 客層ターゲットのニーズや悩みは何ですか?
  • 提供しようとする商品・サービスが客層ターゲットから見て、買いたい、魅力的な気持ちを持ちますか?
  • いくらなら買おうと思いますか?
  • どこを改善・改良したら良いのですか?

« »

コメントを残す