起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

家族の理解を得ておきましょう

家族の理解を得ておきましょう

家族の理解を得ておきましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

数ヵ月掛けて事業計画書を作成して会社設立の準備を進め、いざ起業できるという直前のドタンバで起業の破綻をきたす場合があります。

なぜこのようなことが起きるのかというと、ほとんどのケースは、配偶者などの家族の反対が原因の場合が多いのです。

この先暮らしていけるのかどうか不安になってしまい、離婚まで切り出されたという話もあります。

特に大企業などに勤務してきて、高収入だった人は注意が必要です。

家族はあなたに対して「なんで会社員として安定した暮らしを捨てるのか全く理解ができない」「単に夢を追いかけ続けるだけ」などと評価してくるかもしれません。

このような状況になってしまったら、起業準備が無駄になるだけでなく、起業準備に関わってきた全ての人に迷惑をかけてしまうことになります。

ですから、起業を決心したのならば、早めに家族に話をして理解を深めておくことが大切です。

特に配偶者に理解してもらうことが最大の重要ポイントです。

多くの起業家は、起業してすぐに、今までと同じ以上の収入は得られるとは限らず、休日や家族旅行などもしばらくはいけないかもしれません。

ですから家族の理解や支えなどのサポートが重要なのです。

あなたの、起業に取り組みたいのかとかという熱意だけではなく、「慎重に進めていけば、△ヵ月後には安定した収入が得られから大丈夫」というようなことなど、説得材料も考えながら、正直にきちっと話し合いをしておきましょう。

« »

コメントを残す