起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

競合の分析をしましょう

競合の分析をしましょう

競合の分析をしましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

この当たりでおぼろげながら、ビジネスの方向が見てきたら、自分の考えた商品・サービスが商圏内で競合するモノがあるのかを調べます。

商品・サービスが同じモノかを調べるというよりも、客層やターゲットがニーズや欲求を満たすための手段を幅広く調べると同時に、代替えの方法も考えます。

ネット上だけでなく、実際に競合する店舗に行って購買したり、資料を請求するなどの行動することも必要です。

自社の強みや弱みを浮かび上がらせるために、次のような競合分析の表を作成して、強みをさらに強調し、弱みを修正していくことを繰り返すことにより、より良いビジネスプランをつくり上げていきましょう。

【競合他社との比較】

まず、1列目に「比較項目」欄を、2列目に「自社」ポイント欄を、3列目以降は「競合A社」、「競合B社」……のポイント欄を設けます。「比較項目」欄には、

  • 客層・ターゲット
  • ニーズ
  • 商品・サービスの質
  • 技術・性能
  • 価格
  • ブランド力○販売方法
  • プロモーション
  • 強み、弱み
  • 資本金、規模
  • 売上げ、数量
  • 重要成功要因

などの行をつくります。

2列目以降のポイント欄には、各「比較項目」欄に対応する行に、それぞれの特徴や強み弱みなどをチェックし記入します。

« »

コメントを残す