起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

自己資金が必要です

自己資金が必要です

自己資金が必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業するためには次なような理由から自己資金が非常に重要です。

1)当然、元手がなければ、事業することはできません。

2)キャッシュフローが安定するまで維持費の確保が必要です…

事業が軌道に乗るのは早くても半年、場合によっては2~3年掛かることもあります。

なるべく多くの自己資金を用意できれば、この不安を解消することができます

3)創業融資を確保するには、自己資金の割合が要件になっています。

創業融資の審査を行なう際に、自己資金の割合が非常に重視されます。

このように起業の際の自己資金額は非常に重要です。

起業を決意した瞬間から、自己資金を少しでも増やすための努力をしてください。

貯蓄・積立て、保険の解約、株式などの資産の売却、両親・兄弟・親戚などからの出資、前職で関連のあった人からの出資、そして取引きを予定している会社からの出資などの方法を検討しましょう。

そして、創業融資にも必要な場合は事業全体で掛かる資金のうち、どれだけの割合で自己資金を用意できたかをチェックしましょう。

全体の1/3から1/2を用意できればOKです。

« »

コメントを残す