起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

複数の売り方を用意しましょう

複数の売り方を用意しましょう

複数の売り方を用意しましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、システムエンジニアの経験ある人が、マッチングサイト(仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をホームページ上でマッチングするサイト)の立ち上げを起業事業として検討しているとします。

そうすると、サイトを完成させて広告を出し、広告主である企業の獲得と会員数の増加を図ることが必要です。

しかし、そこまでになるには1年くらいは掛かることはよくあります。

このような場合、別のビジネスも用意しておき、その期間の資金を稼ぐのが一般的な方法です。

それは、下請けとしてシステム構築の仕事とか、ホームページの作成などの作成を受託するとか、いろいろな方法が考えられます。

焦って結果を求めなくてもよくなります、精神的にも楽になるはずです。

また、あれこれ手を出さずに一つの事業に集中するという考え方もあります。

それで成功する人もいるので、間違いではないのですが、ただ、資金が途絶えてしまったら終わりになってしまいます。

一つの事業が始まるまでに、元での資金がなくなってしまうというのはビジネスとして成り立たないのです。

このことは、創業融資の審査の場合でも金融機関としても重要なポイントです。

創業融資は、平均して融資してから半年ぐらいから返済が始まるようになっています。

この段階で安定した利益を生み出せる状態にならないと借入れすることが難しくなります。

« »

コメントを残す