起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

資金繰りには注意が必要です

資金繰りには注意が必要です

資金繰りには注意が必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加

古代中国から「入るを量り、出ずるを為(な)す」

これが経営の基本です。

これは、事前に収入の予定を見積り、資金繰りのメドを立ててから、支出の計画を立てるようにすれば、成り立つということです。

ただ、これが仮にそのような努力が実を結んで売上げが順調に拡大し、利益が上がったとしても、気がつくと運用資金が足りなくなり、来月の外注費や支払いができない状態が起こります。

これは、税理士からの報告の会計上の利益と、実際の運用資金が足りるかどうかと必ずしも一致しないということで、運営が立ち行かないという状態、すなわち黒字倒産ということになります。

このことを十分に認識して、最低でも3ヵ月先までの資金予測とその対策を講じなければなりません。

この点が経営者として最も重要な役割です。そのためには毎月資金繰り表を作成して近い将来のキャッシュ予想を把握しておくべきです。

これは経営者としての最重要な仕事です。そのためには、毎月の資金繰り表を作成し、近々のキャッシュ予測を把握しておきましょう。

また、銀行での借入れする際にも、資金繰り表の提出が求められます。

資金繰り表の書式は決まってませんが、一般的な資金繰り表の書式を使用してもよいし、エクセルなどで自分が管理し易いようにアレンジした方が良いでしょう。

そして、資金繰り表を作成の際の注意点があります。

それは、“収入は控えめに、支出は多めに”予測することです。

すなわち、入金の時期に何かがあった時のために遅めにし、支出はやや早めに予測することです。

資金繰りの予測だけは楽観は許されません。確実にリスクを回避しましょう。

◎資金繰りの基本は…

  • 資金繰り表は必ず作成すること
  • 入金は最小に、支出は最大に予測すること
  • 支払条件には敏感に、最初によく把握し確実に。入金は早めに、出金はなるべく遅くにすること
  • 現金商売に勝るものはないことを認識すること
  • 無借金経営が良いとは限らないことを認識すること
  • 倒産のリスクにも備えること。与信の重要性を認識すること
  • 7)設備投資は資金調達とセットであること認識すること


« »

コメントを残す