起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

起業してから3年がポイントです

起業してから3年がポイントです

起業してから3年がポイントです

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業した会社は何年生き残れるかというと、過去に公共機関を含めいろいろデータ集計が行われてきました。

集計方法がそれぞれ違うために、その結果もさまざまですが、

  • 1年以内に60%が消滅
  • 5年以内に80%が消滅
  • 10年以内に95%が消滅
  • 30年以内に99.98%が消滅

というのが、インターネット上で良く出回っている数字です。

これから起業しようと考えている人にとっては衝撃的な数字です。

しかし、ベテランのコンサルタントの方は、現場の感覚からするとやや厳しすぎると言っています。

コンサルタントの経験から見てみると、「起業する人が100人いるとしたら」

  • 1年目で25%(25人)が廃業
  • 2年目で残りの75人のうち、25%(18人)が廃業
  • 3年目で残りの57人のうち25%(14人)が廃業

生き残りは43人となっているそうです。

そして、3年間生き残ることができた会社は、その後は廃業が少なくなって落ち着いてくるそうです。

すなわち会社が軌道に乗っているといえる状態になります。

言い方を変えると、起業してから3年経って生き残っているのは40%ほどということになります。

それほど、起業は厳しいということだと十分に認識して、覚悟してください。

では、廃業すなわち失敗の原因は何かといえば、

  • とりあえずどんどん進めてしまおう
  • △△をしておけば大丈夫
  • 自分たちで何とかなる

などということです。

これは、すなわち、準備不足と起業を甘く見ていたということなのです。

起業3年間で、40%の生き残り組になるのかは、起業前の、準備や計画が大きなポイントとなるのです。

»

コメントを残す