起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

起業する業種の経験が必要です

起業する業種の経験が必要です

起業する業種の経験が必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加

起業するには、ある程度の経験が必要です。

その理由の一つ目は、その業種での経験が浅ければ、起業して成功する確率は限りなくゼロに近づきます。

例えば、飲食店で料理の腕が悪い、また、マッサージ店でマッサージの腕が悪いなどです。

これでは、当然流行るわけがありません。

腕やテクニックは、経験年数に比例はしませんが、確率的に見てもそのようになるといえるでしょう。

2つ目は、創業融資の審査では、不利になるからです。

創業融資の審査は、一般的に、そのビジネスに将来性があるかどうかよりも、もっと具体的な審査が重視されます。

その一つが、その業種や職種での経験年数です。

例えば、飲食店でアルバイトもしたことがないのに、カフェを一人で開業したいといっても、審査では通りません。

一定の年数を経験していないと不利になります。

しかし、趣味が高じてとか、その業種のビジネスモデルや将来性に着目して、まったく未経験で起業したいなどのケースでは、次のような対処法があります。

(1)起業前に修業する方法です

起業前に一度転職や短期養成所などで、修業するという方法です。

修業のために一度転職するといったケースも実際にあります。

中には、「無給でもいいので修業させてください」「地元でフランチャイズとしてやらせていただくのを前提に数ヵ月就業させてください」など、修業させてもらうために体当たりで交渉するケースもあります。

また、最近、起業や一人前の職人を数ヵ月間から1年間という短期間でプロに育てるスクールや講座ができてきています。

授業料は、一般的に、数十万円と高いのですが、プロとして短期養成してくれるところもできていて、実績も上げています。

遠回りですが、起業を成功に導くための近道だと思います。

(2)その業種で経験豊富な人を役員に迎い入れ補完します

自分が経験なければ、経験ある人を役員として迎い入れればいいのではないかという発想です。

例えば、会社経営の経験は豊富ですが、これから手がけようとしているビジネスは直接の経験がまったくないといった場合です。

実際に、経験豊富な人材を店長として迎えて創業融資の獲得に成功している例もあります。

ただし、この場合は、そのような人材を見つけることが難しいことです。

それは、そのような人は、すでに独立していることが多いからです。

そして、もう一つは、創業融資の際の連帯保証のことです。

金融機関としては、将来その人との関係が上手くいかずに辞めてしまう場合が考えられるので、いなくなった場合のリスクを考えます。

そのため、その役員にも連帯保証人になることが求められ可能性があります。

この点を本人に承諾してもらえるのかポイントになります。

« »

コメントを残す