起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

集客は最も重要な戦略です

集客は最も重要な戦略です

集客は最も重要な戦略です

このエントリーをはてなブックマークに追加

集客の方法は広告や口コミなどいろいろありますが、大きく分けて、オンライン集客とリアル集客の2つに分けることができます。

(1)ウェブによるマーケティング

1)SEO(Search Engine Optimization)…

SEOとは、インターネットでの検索エンジンの最適化を図る方法です。

例えば、『グーグル』や『ヤフー』などの検索エンジンで検索した時に、自社のWebサイトが上位に表示されるようにする対策方法です。

Webで集客する場合の最も重要な基本なのです。

SEO対策で重要なのは、どのようなキーワードを設定するのかです。

Webサイトを作成する際にはコンセプトや客層ターゲットなどを充分に検討するとともに、SEOを意識したキーワードの選定が重要です。

【メリット】

  • 上位に表示されれば、クリックごとのコストがかからずに集客が可能です
  • 上位1位~3位程度に表示されれば、大きな集客が期待できる可能性があります
  • 検索サイトで上位表示されると信頼度がアップします

【デメリット】

  • SEO対策で上位表示されるという確実な保証はありません
  • 上位表示されるようになるには、数ヵ月間の時間が掛かります。そのため、起業家がSEO対策からの売上げ増加効果を得るのにタイムラグがあります
  • SEO対策を外注した場合、そのコストが掛かります

2)PPC広告(Pay Per Click)…

PPC広告とは、クリック課金型広告のことです。

リスティグ広告、SEMともいわれます。

『グーグル』や『ヤフー』で検索した時ページの最上部や右部分、などに文字広告が表示され、ユーザーが表示された広告に興味を持ってクリックされ自社のサイトなどに誘導される仕組みです。

その特徴は、

1》広告が表示されるだけでは課金が発生しないこと

2》1クリック当たりの単価×クリック数を広告費として支払う

3》あらかじめ月の予算額、例えば2万円などと、決めておくことが可能で、それを超えた場合に自動的に表示されないように設定できるため、予算管理が簡単で便利なことなどです。

PPC広告で重要なのは、キーワード選択と広告が表示された時に、思わずクリックしたくなるようなコピー文を書くことができるかどうかです。

無駄な広告費を支払うことのないようにプロに相談しましょう。

【メリット】

  • 広告を短時間で目立つところに表示させることが可能なため、SEOに比べて短期間での広告・集客効果が期待できます
  • クリックされない限り課金されることがありません

【デメリット】

  • 広告費が掛かる割に、利益が出ない可能性があり、特に人気のキーワードを指定した場合、1クリック当たりの単価が数百円にもなることもあり、結果的に予算額をすぐに使い切ってしまうこともあります
  • 広告文の書き方がうまくない場合やキーワードの選定を誤った場合などに、見込み客と違う人がクリックしてしまい課金されて、売上げにつながらない場合もあります

3)メルマガ広告…

メルマガ広告とは、メールマガジンの記事やヘッダー部分などに、広告を表示させてもらう方法です。

客層ターゲットが読みそうなメルマガを選んで広告を出すことによって、コストをあまりかけずに集客することができる可能性があります。

その料金は1回当たり2万円から10万円ほどです。

【メリット】

  • メルマガから直接、誘導したい自社のページにリンクを貼ることができます○客層ターゲットと読者が一致している場合は、見込み客に対してピンポイントで広告できる可能性があります
  • 他の広告に比較して、1回当たりの広告費が安い傾向にあります

【デメリット】

  • 配信されている読者で実際に読んでいる人は限られます

(2)リスト入手による配信方法

1)メールDM…

見込み客の連絡リストを入手し、一斉にメールDMを配信して広告する方法です。

その方法は、リストを有料で入手する方法と無料で入手する方法があります。

有料で入手する方法は、リスト業者から見込み客のリストを購入します。

業種や属性などのジャンル別に購入することが可能で、数万円から10万円ほどで入手することができます。

また、無料で入手する方法は、インターネットで地道に見込み客の連絡先を検索していく方法でで、お金の掛からない代わりに、非常に手間が掛かります。

効果的な方法としては、電話帳のように一覧表になっているページを探し、そこから入手する方法があります。

また、そうしたページから情報を自動的に選んでくれるソウフトウェアを利用する方法もあります。

【メリット】

  • 郵送するDMなどに比較して、1通当たり数円と圧倒的にコストが低いため、気軽に始めることが可能です

【デメリット】

  • 迷惑メールと判断されて、開封されない可能性が高いのでゴミ箱行きのなってしまいます

(3)自ら情報を発信する方法です

1)自社のホームページでの情報発信…

今や、知りたい情報を調べるのには、インターネットという時代です。

まず、ホームページを立ち上げ、オンラインで集客をするという方法です。

また、オンラインで、集客をほとんどしない業種でも、自社のホームページは持っていたほうがいいでしょう。

しかし、自社のホームページでの集客を考えた場合は、立ち上げただけでまったく更新しないのでは、集客効果は下がります。

また、更新をしていないと、SEO対策として不利になってきます。

毎週月曜日に更新するなど、更新時期を決めて定期的に情報を発信していくことをお勧めします。

例えば、『WordPress』などのブログツールを使用して作成しておく方法です。

簡単な更新なら、ワープロ感覚で簡単に更新が可能になります。

また、更新したい時に、その都度いちいち業者に頼んで書き換えてもらう必要がなく、タイムリーな情報の発信が可能となります。

【メリット】

  • 24時間365日、自社の情報を発信でき、下手な営業部員よりも効果が期待されます
  • ホームページから直接、問い合わせがくる可能性があります

【デメリット】

  • ホームページの作成にある程度のコストが掛かります
  • インターネットを利用しない世代がターゲットの場合、効果が低い可能性があります
  • チラシのように、一定エリアに限定して情報を発信するということができません

2)ソシャールメディア(SNS)…

1》無料ブログ…

『アメーバブログ(アメブロ)』などの無料ブログをビジネスで使用する方法です。

運営会社の規約で商用利用が禁止されている場合が多いために注意が必要です。

ある日、全てのデータが削除されていたという事例もあるため、軸足を全て掛けるような使い方はしないほうが良いでしょう。

2》『Twitter』…

『Twitter』自体で情報発信していくというよりも、他の情報発信方法と連動させて、情報拡散と連合的に利用することで効果が発揮できます。

例えば、ブログと連結させると、ブログの更新をするたびに自動的に『Twitter』にも情報が更新されます。

3》『Facebook』…

『Facebook』を広告や集客に利用する方法です。

ブログと似ていますが、『Facebook』は、PCC広告の一種である広告を除くと、基本的に仲のいい個人同士が交流する空間なのです。

あからさまな商用利用は周囲の反感を買うために注意が必要です。

『Facebook』をビジネスに使用する際のコツは共感です。

『Facebook』で周囲が共感できるような情報を発信し、そこからリアルな人脈につなげていくのが一般的なのです。

日本では、比較的に経営者層の利用割合が多いために、経営者層をターゲットとしたビジネスでの人脈形成に有効なのです。

このように、SNSでは、趣味や業種などを共通の属性の人が情報交換する場として、コミュニティが形成されています。

ターゲットの顧客が集めるようなコミュニティに自分も参加し、積極的に情報を発信していくのも一つの手段です。

リアルでのオフ会やイベント、セミナーの開催と組み合わせることで密度の濃い見込み客の集客効果が期待できます。

【メリット】

  • 無料で利用できることが多く、やり方次第では資金をかけずに集客が可能で、リアルな人脈形成の一つとして、かなりの効果が期待できます

【デメリット】

  • ソシャールメディア自体の流行に左右されやすい恐れがあります
  • 無料のため、広告・集客の主役としての過度期待は期待できません
  • 毎日のように更新することが求めれます
  • ネット上のつき合いに、うっとうしさを感じる可能性があります

3)自社のブログ…

『アメブロ』のように無料のブログを使用せずに、自社のオリジナルブログを作成する方法です。

『WordPress』などのブログツールを利用してコストを抑えて作成するのが一般的です。

ただ漠然と記事を書くのではなく、自社の強みあるオリジナルな記事を書き、なおかつSEOに有効な書き方をマスターすることで、SEO効果が発揮され、そこからの集客効果を期待することができます。

【メリット】

  • 『アメブロ』などの無料ブログと比べて、SEOに有効に働き効果が期待されます

【デメリット】

  • 毎日のように更新することが求められるために、筆不精の人や義務感にとらわれることもあり、その結果によって効果が期待できない恐れがあります

4)自社メルマガの発行…

メルマガを定期的に発行して、情報を発信していく方法です。

『まぐまぐ』などのメルマガスタンドを利用して発行する方法や『ステップメール』などのソフトを使用して独自にメルマガを発行する法などがあります。

【メリット】

  • わずかな費用で広告費をほとんどかけずに情報発信が可能です
  • 関心の高い読者を登録するようにつくれば、見込み客の囲い込みが可能になります

【デメリット】

  • 読者をある程度の人数を集めるのに時間と労力が掛かります
  • 読者にとって本当に有益な情報を継続して発信していかないと、読まずにそのままゴミ箱行きになり、やがては登録を解除される可能性があります。

5)電子書籍などに無料レポート提供…

電子書籍などに無料レポートを提供し、希望者に配信する方法です。

誰でも見られるようにオープンにする方法よりも、メルマガなどの読者登録をした希望者にだけ見られるようにしたものが一般的です。

無料レポートを読みたいということは、基本的に強い関心のある読者ということになります。

ですから、出し惜しみは一切せずに、読者が本当に知りたい情報を惜しげもなく公開することがポイントになります。

そして、最終的には、彼らのニーズを満たしたり、悩みを解決できることなどを広告へと誘導するように作成します

【メリット】

  • わずかな広告費で情報発信が可能です
  • 濃い読者を次のステップへと誘うことが可能で、広告・購買へと結びつける効果が大きいのです

【デメリット】

  • 執筆に時間と労力が必要です
  • 同業他者に多くの情報を開示してしまう可能性があります

(4)ポータルサイトに登録します

コンサルタントやセミナー講師、ネットショップ、飲食店、美容院、食品、サプリメントなど、各ジャンルごとに多くのポータルサイトがあります。

そこに自社の商品やサービス・会社・店舗・自分自身などを登録する方法です。

登録したポータルサイトがそのジャンルですでに知名度が上がっていたり、SEOが効いているなど、サイト自体に多数のアクセスがあることに期待ができます。

起業したばかりの人にとっては低いコストで効果的に集客を図ることが可能です。

しかし、登録している多数のライバルの中から自分が選ばなければなりません。

多くのライバルの中で埋もれないように、何か特徴ある輝くモノを用意しましょう。

ターゲットのニーズに合った商品やサービスの提供やコピー力、魅力的な写真など、多くの要素があります。

【メリット】

  • SEOやPPC広告の多額の費用を投じなくても、効果的に集客が可能です
  • 自分で全てサイトを作成するのに対して、初期費用を抑えることができます。

【デメリット】

  • ポータルサイト内で格差があり、工夫をしなければ多数の中で、埋もれてしまい目立たなくなります

(5)口コミを利用します

Webで商品やサービスを検討する場合に、実際に購入や利用した人の感想や口コミ情報を参考にするのが一般的になっています。

そこで、それらの商品やサービスを購入や利用した人に感想を書いてもらい掲載する方法です。

その他、自社のサイトに「お客様の声」として掲載する方法や掲載中のポータルサイトなどに実際に購入や利用してもらった感想を書いてもらう方法などがあります。

【メリット】

  • 素直な気持ちで良い意見を書いてもらうことができれば、信頼度が増し、他の人の購入や利用につながる可能性があります。

【デメリット】

  • 不自然なやらせなどや、実際に購入や利用していない人に書いてもらったりすれば、当然、信用はゼロとなり、また法的にも問題が生じます。

« »

コメントを残す