起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

業種

起業する業種の経験が必要です

起業する業種の経験が必要です

起業するには、ある程度の経験が必要です。

その理由の一つ目は、その業種での経験が浅ければ、起業して成功する確率は限りなくゼロに近づきます。

例えば、飲食店で料理の腕が悪い、また、マッサージ店でマッサージの腕が悪いなどです。

これでは、当然流行るわけがありません。

腕やテクニックは、経験年数に比例はしませんが、確率的に見てもそのようになるといえるでしょう。

2つ目は、創業融資の審査では、不利になるからです。

創業融資の審査は、一般的に、そのビジネスに将来性があるかどうかよりも、もっと具体的な審査が重視されます。

その一つが、その業種や職種での経験年数です。

例えば、飲食店でアルバイトもしたことがないのに、カフェを一人で開業したいといっても、審査では通りません。

一定の年数を経験していないと不利になります。

しかし、趣味が高じてとか、その業種のビジネスモデルや将来性に着目して、まったく未経験で起業したいなどのケースでは、次のような対処法があります。 (さらに…)