起業する前にするべきことのまとめ

知っておくべきことと準備が大きなポイントです。

起業

起業、経営を甘く見ないことです

起業、経営を甘く見ないことです

最も危険なリスクは、起業、経営を甘く見ることです。

それは、会社員というのは、でき上がっている組織での一部分だけの経験と全てゼロからつくり上げていくことの違いは、天と地の差があります。

事業を進めていくには、あらゆる面からリスクを検討し、一つひとつ慎重に進めていく必要があるのです。

もう一つのリスクは、先輩社長たちの意見に振り回されることです。 (さらに…)

起業する業種の経験が必要です

起業する業種の経験が必要です

起業するには、ある程度の経験が必要です。

その理由の一つ目は、その業種での経験が浅ければ、起業して成功する確率は限りなくゼロに近づきます。

例えば、飲食店で料理の腕が悪い、また、マッサージ店でマッサージの腕が悪いなどです。

これでは、当然流行るわけがありません。

腕やテクニックは、経験年数に比例はしませんが、確率的に見てもそのようになるといえるでしょう。

2つ目は、創業融資の審査では、不利になるからです。

創業融資の審査は、一般的に、そのビジネスに将来性があるかどうかよりも、もっと具体的な審査が重視されます。

その一つが、その業種や職種での経験年数です。

例えば、飲食店でアルバイトもしたことがないのに、カフェを一人で開業したいといっても、審査では通りません。

一定の年数を経験していないと不利になります。

しかし、趣味が高じてとか、その業種のビジネスモデルや将来性に着目して、まったく未経験で起業したいなどのケースでは、次のような対処法があります。 (さらに…)

起業したいビジネスには許可が必要なのかを調べます

起業したいビジネスには許可が必要なのかを調べます

ビジネスの大枠が見えてきたら、それが、法的に問題がないか、許認可に関わるものかどうかを確認しましょう。

(1)法的に問題はないかを調べます。

ビジネスモデルが画期的で誰も手掛けていないモノの場合には、特に注意が必要です。

それは、

  • 誰も手掛けていないということは、法的に問題がある可能性があるからです。
  • 採算が合わないから誰も手掛けていない場合があるからです。

起業の具体的な準備を進める前に、まず、法的に問題がないかを専門家に確認することをお勧めします。

開業して、すでに従業員を雇用したり、売上げが上がっていたりしていた場合は、現状としてかなり危険な状況になります。

金融機関の融資を受ける場合は、そこで必ずチェックが入りますが、そうでない場合は、特に注意が必要です。

くれぐれも専門家への確認を怠らないようにしましょう。 (さらに…)

起業するジャンルの決め方の方法は

起業するジャンルの決め方の方法は

まず、起業を決心したら、どのジャンルで起業するかを決める際の、基本的な考えを解説します。

次の3つがポイントです。

(1)自分がしたいこと、好きなこと、人生で実現したいこと

(2)自分が得意なこと、できること

(3)社会が求めていること

この3つのポイントが重なるジャンルを選択することが重要なのです。

一つでも欠けると、上手くいきません。

そして、重なったジャンルが、

(4)数値的な観点で問題がないかを検証します。

ここで(1)~(4)の事項をさらに詳しく見ていくと、 (さらに…)

起業は、会社員の時と大きく違うのです

起業は、会社員の時と大きく違うのです

起業すれば分かりますが、勤めていた会社員の時と何もかも、大きく違います。

その違いを始めからよく認識しておきましょう。

(1)主な違いは

1)金銭的な違い…会社員の時は、毎月給料日になれば必ずお金は手に入る、というようなことはありません。

当然、自分で稼がなければならないのです。それはまさに自己責任です。

しかし、稼いだお金は、ある程度自分の自由になるということです。 (さらに…)

起業してから3年がポイントです

起業してから3年がポイントです

起業した会社は何年生き残れるかというと、過去に公共機関を含めいろいろデータ集計が行われてきました。

集計方法がそれぞれ違うために、その結果もさまざまですが、

  • 1年以内に60%が消滅
  • 5年以内に80%が消滅
  • 10年以内に95%が消滅
  • 30年以内に99.98%が消滅

というのが、インターネット上で良く出回っている数字です。 (さらに…)